UNM 熱気球に充填する気球奏者。
イーサン・ルール著

UNM 熱気球は、この気球シーズンの「チェリー・オン・トップ」です

本格的な秋が到来し、さわやかな朝が広がり、青唐辛子のローストの香りが漂い、数十機の熱気球がアルバカーキの空へ飛び立ちます。 今年は新しい気球が空に現れることがあり、 上のチェリー、ニューメキシコ大学公式熱気球。

UNM と Rainbow Ryders, Inc. は、2 月 XNUMX 日月曜日、新しい UNM 熱気球を発表しました。 上のチェリー UNMのアルバカーキキャンパスにあるジョンソン・フィールドで初めて公の場に姿を現した。 このイベントはUNMの学生数十名が参加する繋留気球体験を含む予定だったが、強風のため中止となった。 計画通りに飛行することはできなかったものの、プロパンバーナーが轟音を立てる中、250人以上の参加者が歓声を上げ、新しい気球に対する興奮は明らかだった。

「アルバカーキの定番イベントの一つはバルーンフェスタだと思います」とASUNM会長のクリスタ・パチェコ氏は語った。 「大学を代表する何かがあるということはとても前向きな光であり、とても楽しいものであるということはとてもエキサイティングです。 この気球を誇りに思っている学生、卒業生、地域のメンバーがたくさんいるので、UNM の学生、行政、地域社会とともにジョンソンフィールドで初めてこの気球をお披露目するのは特別なことです。」

unm-バルーン.jpg

 

全文を読みます こちら.

カテゴリー: コミュニティ·エンゲージメント, トップストーリー