互いに抱き合う XNUMX つの医療提供者
ニコール・サン・ロマン

最前線の医療提供者がリラックスできる場所

UNM病院は、従業員の健康を促進するためのリチャージルームを専用に設置

急ぐ足と急ぐ杖のように ニューメキシコ大学病院の XNUMX 階にある ICU ユニットを通過すると、数歩先に非常に静かな部屋があります。

内部には医療機器はありません。 ビープ音も、コンピューターも、患者のカルテもありません。心地よい自然の音に伴う静けさだけです。

リチャージルームへようこそ。 UNM病院内の新しいエリアは、病院のスタッフが自分のために時間を割くためのものです。

「病院で働いていると、『ちょっと休憩したいだけ』とか『今は少し疲れている』と言える贅沢はありません。 UNM 病院の従業員福祉担当ディレクターであるスティーブ・ヌアネス氏は、次のように述べています。

医療従事者が直面している圧倒的な感情的複雑さは、19 年に COVID-2020 パンデミックが発生したときに明らかになったと Nuanez 氏は述べています。 「ある意味では、人員配置の問題で状況が悪化しています。 ヘルスケア分野には、燃え尽きて道に迷ったために退職する人がまだたくさんいます。 ですから、今はまだ本当に挑戦的な時期です。」

UNM Hospital の CEO である Kate Becker 氏は、この病院はチーム メンバーを非常に高く評価しているため、大規模な企業組織とは思えない職場環境を作るために常に取り組んでいると述べています。 

「私たちがサービスを提供しているニューメキシコ州全体のコミュニティと同じように、私たちはチーム メンバーが家や家族のように感じられる環境を提供するよう努めています」と彼女は言いました。

 

ケイトベッカー
ヘルスケア スタッフは常に、燃え尽き症候群や疲労困憊の高いリスクに直面しています。この課題は、パンデミックによってさらに強まり、現在も続いています。 だからこそ、私たちはスタッフが大切にされ、尊重されていると感じられる方法を日々考えています。
- ケイトベッカー、UNM病院CEO

「医療スタッフは常に燃え尽き症候群や疲労困憊の高いリスクに直面しています。この課題はパンデミックによってさらに強まり、今も続いています。 だからこそ、私たちはスタッフが大切にされ、尊重されていると感じられる方法を日々考えています。」

リチャージルームは、病院のスタッフが精神状態をリセットして患者のケアを継続できるようにするための場所を提供するように設計されています。

「XNUMX 日の終わりに、減圧する機会 (ベースラインに戻る機会) がなかったとしたら、その日は完全に疲れ果て、完全に使い果たされた状態で終わってしまいます」と Nuanez 氏は言います。 「XNUMX 日を通してベースラインに戻れるように、XNUMX 分か XNUMX 分の時間を見つけてみることをお勧めします。」

Recharge Room のビジョンは、2021 年後半に Nusenda Credit Union からの寄付によって始まりました。 UNM 病院の施設計画チームは、インスピレーションを得るために全国の病院を調べて作業に取り掛かりました。その中には、バイオフィリックな環境を作り出したニューヨーク市のマウント サイナイ病院のスペースも含まれます。

「Nusenda は、UNM 病院と提携して医療提供者のための休息スペースを作成できることを誇りに思います」と、Nusenda の社長兼 CEO である Joe Christian は述べています。 「ここ数年は、コミュニティを大切にすることがいかに重要かを教えてくれました。 および 彼らの介護者。 UNM 病院のケア フォー ザ ケアギバー プログラムとレスパイト ルームは、医療提供者が困難な状況から抜け出し、ストレス レベルを下げ、支援を頼りにしている人々の元に戻る前に静かな休憩を取るためのリソースとスペースを病院内に提供します。」

快適な座席に加えて、UNM 病院のリチャージ ルームには、自然のビデオやリラックスできる音楽を再生できる最新の大型プロジェクターが含まれています。 「そして、それはすべてライトにつながっています」と Nuanez 氏は言います。 「映像が変化すると、それに合わせてライトも変化します。 だから、それは本当に素晴らしい経験です。」

一度に収容できる人数は XNUMX 人から XNUMX 人までですが、ヌアネス氏は次のように述べています。 意味 リチャージルームの後ろは、はるかに大きいです。

「現実には、7,000 人の従業員がいる病院の XNUMX つの部屋です。 だからといって、万人が使えるものではありません。 しかし、それは誰もが重要だと認識できるものです」とヌアネスは言いました。 「だから、どこにいても、『これは自分を大事にするためにやらなければならないことだ』ということを知っているのです。」

カテゴリー: コミュニティ·エンゲージメント健康、 トップストーリー, UNM病院