翻訳します
サムネイルはセオドア・ムカ、バナーは病理学の学生です
シンディ・フォスター

学部パイプライン

臨床医学と研究を組み合わせる方法を学ぶ医療専門職の学生

ニューメキシコ大学医学生に入学 セオドア・ムカは長い間医学に興味を持っていましたが、母親が脳卒中を起こしてから命を落とし、この分野が医師や家族に与える影響に気づきました。  

「母が脳卒中を起こしたとき、私はまだ高校生でした。彼女を治療した医師は、私が医学生になる大きな要因でした」と、ニューメキシコ州立大学の最近の卒業生であるムカは言います。 

「彼は私の母が必要とする治療を提供する優れた医師でしたが、それに加えて彼は私の家族と交流する特別な方法でした。 彼女が亡くなったとき、彼は個人的に私に来て、質問に答え、アドバイスと慰めを提供するためにできる限りのことをしました」とムカは思い出します。

「母が病気になる前、私は医学の科学的側面が好きでした。 今では、人間のつながりが本当に特別なものであることがわかりました」と彼は言います。

2019年の夏をUNM学部パイプラインネットワークサマーリサーチプログラム(UPN)に参加することで、MDになった後の研究と臨床実践を組み合わせる方法についてのアイデアが得られたと彼は言います。

ムカは癌研究に興味があり、UNM総合癌センターで小児癌研究が行われている研究室に配置されることに興奮していました。

「この経験から、私はこれらの役割を組み合わせて、研究に携わる開業医になりたいと実感しました」と彼は言います。

 

セオドア・ムカ

母が脳卒中を起こしたとき、私はまだ高校生でした。母を治療した医師は、私が医学生になる大きな要因でした。

- セオドア・ムカ

「10週間のプログラムでは、学生は独立した研究プロジェクト、スキル構築ワークショップ、構造化された共同活動にフルタイムで参加します」と、UNM医学部医学部の准教授兼研究担当シニアディレクターであるジェニファーM.ジレット博士は述べています。病理学およびUPNプログラムのディレクター。

各学部奨学生には、独立した研究プログラムを指導する教員メンターがいます。 10週間の終わりに、学生はプログラムの競争力のあるポスターシンポジウムで科学界に研究プロジェクトを発表します。

ジレット氏によると、教室や研究室では、医学生から教職員、研究室の技術者まで、学生は多くの人々と協力しています。

「各学生にはメンターがいますが、それは彼らの経験の始まりにすぎません」と彼女は言います。 「夏の間、彼らはさまざまなレベルの研究室スタッフ、医学部の大学院生、医学生、薬局の学生と交流する予定です。 さまざまな研修生やラボ、さまざまなレベルがあります。」

学生は研究者と直接対話することができます、とジレットは言います。

「学部生は彼らに次のような質問をすることができます。あなたの一日はどのように見えますか? ここにたどり着くためにどのような決断をしましたか?」 彼らが交流する人々の多様性は、彼らが行きたい場所に彼らを連れて行く医学部以外の道があるかもしれないことを彼らに示しています」と彼女は言います。

ジェニファー・M・ジレット博士

10週間のプログラムでは、学生は独立した研究プロジェクト、スキル構築ワークショップ、構造化された共同作業にフルタイムで参加します。

- ジェニファー・M・ジレット、PhD

「私たちは、入学の個人的な声明を作成する方法、履歴書などについて話すためにやってくる人々がいます。 ほとんどの年、私たちはキャンパスの外でラフティングやハイキングなどのボンディング活動を行うこともできました」と彼女は言います。

「それは本当に学生のためのスキル構築についてです。 彼らは成功するために何が必要ですか?」

毎年の学生数は異なります。 今年は全国から160名の応募がありました。 プログラムは複数の方法で資金提供されています。 NMSUの学生として、ムカの参加は、国立衛生研究所の助成金を通じて生物医学研究の卓越性のニューメキシコIDeAネットワークによってサポートされていました。 このプログラム(公立大学のパートナーシップ)は、州全体で研究と教育の専門知識を構築することを目指しています。 

「私たちは学生にこの素晴らしい露出と経験を与えるだけでなく、州中および全国から優秀な学生をUNMに連れて行くこともできます」とジレットは言います。 「これは優れた採用ツールです。 同時に、それは誰にとっても本当に素晴らしい経験になりました。」

ムカは同意します。

「私はプライマリケアに行きたいと思っています、そして私は小児科に本当に興味があります」と彼は言います。 「ニューメキシコに滞在したいです。 これは私にとって素晴らしい経験であり、研究にも携わっている開業医としてお返ししたいと思います。」

カテゴリー: 総合がんセンター、多様性、教育、健康、 研究, 医科大学, トップストーリー