アロヨに水。
ブリアナ・ウィルソン

モンスーン期のアロヨと溝の安全

広域で雨が降り始めると、アロヨや溝は決して安全な場所ではありませんが、通常 XNUMX 月中旬から XNUMX 月末まで続く「モンスーンの季節」には特に危険になります。

「ここ数年、私は救急部門で働き、患者を受け入れ、鉄砲水が発生した際に代理店のパートナーと協力して、不運な経験をしてきました」とニューメキシコ大学の教員、DiMM、FAEMSのドリュー・ハレル医師は語った。救急医学科および UNM 緊急医療サービス (EMS) コンソーシアムの医師の XNUMX 人。

「毎年、モンスーンの季節になると、残念なことに、私たちは人を目にします。 who 鉄砲水でアロヨに閉じ込められていることに気づき、救出される、あるいはもっと残念なことに、個人が救出される who これらの洪水で死亡し、首都圏で遺体が回収されることになる。」

アロヨ-安全性.jpg

ハレル氏は、間違ったタイミングで間違った場所にいる人は誰でも流される可能性があると述べ、彼のチームは通常、毎年約XNUMX人の患者を治療し、救出されたり洪水から逃れたりしていると語った。

「ほとんどの人は who 最近の出来事に巻き込まれた、 ホームレスで、避難所のある地域に住んでいる」と彼は語った。 「これらの地域は、水を流す排水路や地下道と同様に、鉄砲水が発生する危険性が非常に高く、それらの人たちはすぐに水浸しになってしまいます。」

ハレル 説明 その完全 y 大人でもわずかXNUMXインチの水深で足から転落する可能性があります。 ほとんどの乗用車を動かすのに必要な水深は XNUMX フィートです。フルサイズの SUV は、水深 XNUMX フィートだけで押し除けることができます。 2 「もしかしたら、道路に引きずり込まれて、もう救助できない場所に落ちてしまうかも知れません」と彼は言う。

幸いなことに、鉄砲水に伴う危険を回避するためにできることはいくつかあります。

 

緊急事態を防ぐ方法:

1. アロヨや溝を避ける 一年中

ハレル氏は鉄砲水の危険性が高い低地を避けるよう人々に勧めている。

「市内全域にある首都圏の治水施設は、一年中いつでも、人が立ち入る必要のない主要な場所だ」と同氏は語った。

 L稲妻や雷鳴は、危険な地域から離れる時期が来たことを示す良い兆候です。

2. 警戒する

かどうかあなたは 市の境界の内外を問わず、UNM 救急医学局および UNM 国際山岳医学センターの教員であるアーロン・ライリー博士は次のように述べています。'身近な環境に注意を払うことが重要です。 

「特にカバゾンやBLMランドのような場所にいるときは、アロヨや排水溝がたくさんあります。 エリア それは潜在的な問題になる可能性がありますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

3. 天気を見る

ライリー 認識することが重要だと言った 天気の 条件. It しない あなたがいる場所では雨が降っているはずです アロヨが危険になるためです。

10〜15マイル離れた場所でも雨が降っている可能性があり、その水が集まると、かなりの速さで、あまり予告なしに雨が降る可能性があります。
- アーロン・ライリー

4. 鉄砲水が発生している間は車を運転しないでください  

ハレル氏は、水は思っているよりも深い可能性があるため、決して流水の中を車で通過しないでくださいと述べました。

洪水に巻き込まれた場合の対処法:

ハレル氏とライリー氏は、もし緊急事態に陥った場合には、水の流れと同じ方向で下流を向くように体の位置を決め、周囲にあるものにつかまって安全な場所に避難するようにと述べた。

「足を尖らせて頭を水面上に保つようにしてください」 下流と 自分を解放できる場所に行くように努めてください」とハレル氏は語った。 「水面から足を上げておくという点では、アロヨや川にあるものに執着する可能性は低くなります。 ハングアップしないことが非常に重要です。そうすれば、水が流れ続けて水中に麻薬が入ってしまうことになるからです。」

下流に目を向けると、遭難者に到達する可能性が最も高いエリアに戦略的に配置する潜在的な救助隊員の姿が見えます。

ハレル氏とライリー氏は、もし他の人が流れの速い水に巻き込まれているのを見かけたら、陸地に留まり助けを呼ぶようにと述べた。

「それはしばしば厳しい状況であり、人々が助けようとするため、特にそれが子供や友人の場合には、一人の犠牲者や死傷者が複数の犠牲者になることがわかりますが、多くの場合、自分自身もトラブルに巻き込まれたり捕まったりすることになります。 」とライリーは言いました。 「自分が犠牲者になってしまったら、誰も助けることはできません。」

カテゴリー: あなたが使用できるニュース, 医科大学, トップストーリー