翻訳します
$ {alt}
レベッカ・ロイバル・ジョーンズ

リードするラティーナ

小児科医のテレサ・ビジルは、彼女の患者と彼女が指導する医学生に喜びを見出します

数年前、UNM医学部の学生として、Teresa A. Vigil、MDは、彼女が腫瘍学のキャリアを追求する道を進んでいると考えました。

しかし、彼女が小児科のローテーションを始めたとき、それはすべて変わりました。そして、それは2003年に小児科の研修医につながりました。

「私は毎日仕事に行くことに満足しました」と彼女は回想します。

そして、彼女の患者の訪問がニューメキシコ大学病院ではなく、COVID-19のためにズーム上で行われたとしても、彼女はまだそうしています。

「私の好きなことのXNUMXつは、子供と会話することです」とVigilは言い、最新の漫画やマーベルのキャラクターについていくための言い訳にもなります。

vigil_teresa-4185-2443-x-3420.jpg

最近、彼女は若い患者に彼らがどのようにやっているのか尋ねます。 彼らは大丈夫ですか? 「学校で友達に会えないので、元気ですか?」 私は家族や子供たちに(パンデミック)について話します」と彼女は言います。

UNM小児科の教授であるVigilは、2006年にUNMでの研修を完了し、2006年から2007年まで主任研修医を続けました。 彼女はそれ以来小児科に在籍しており、昨年は正教授になりました。 彼女はまた、医学生事務局の医学生の副学部長であり、2016年からその役割を果たしています。

UNM Health Sciencesキャンパス周辺では、Teresa A. Vigil(Teh-DEH-saと発音)は、同僚や学生から「テレビ」として愛情を込めて知られています。 「それは私を他の人々から区別します」と彼女は言います。 「私をテレビと呼んでください。」

Vigilは、NMのラスベガスで育ち、州で長い歴史を持つ家族の出身です。 彼女は彼女の親密な家族が彼女のインスピレーションであると信じています。 彼女の母親は一年生の教師であり、彼女の父親はニューメキシコハイランズ大学の政治学の教授でした。 

「両親がいなければ、私はどこにもいませんでした」と彼女は言います。 「彼らはいつも私がやりたいことを正確にやるように勧めてくれました。 その考えと励ましで私はここに来ました。」 

医学部に入学する前は、UNMで生物学の学士号を取得し、UNM病院のTriCore ReferenceLaboratoriesで数年間働いていました。 彼女は1999年に医学部を始めました。

「私は腫瘍内科を行うつもりだと確信していました」と彼女は言います。 「私には脳腫瘍を患っている叔父がいました、そしてそれはおそらくそれ(私の医学への興味)が始まったところです。 私は血液学と腫瘍学が大好きでした。 XNUMX年目には、がんの患者さんに引き寄せられました。 しかし、小児科に着いたとき、私は家にいるように感じました。」

彼女は、管理上の役割について学ぶことができるように、主任研修医を追求することに決めました。 「私は物事をかなりうまく処理できるように感じました」とVigilは言います。 「生まれつきの組織力を活かすことができたのは正しかったです。」

医学生のメンタリングは仕事の大きな部分です。 Vigilは、メンターを受けたという彼女自身の経験を利用しています。 「私は本当に、彼らを助ける方法を決める前に、彼らがやりたいことを本当に聞いてみます」と彼女は言います。

「私はそれらがユニークであることを思い出そうとしています。 私は彼らに尋ねます、「あなたの背景は何ですか? あなたは何をした? あなたの経験は何ですか?」 彼らがどこに行きたいのかがわかります。 私は彼らに影響を与えるためにそこにいません。 私は彼らがやりたいことのために彼らを軌道に乗せるためにそこにいます。」

2014年に、Vigilは、医学生事務局の医学生の副学部長として医学生との協力に移行しました。これは彼女が大好きな役割です。

「私は羊飼いのように振る舞い、生徒たちがどこに行くべきかを教えてくれます」と彼女は言います。 しかし、彼女は「私は人の羊飼いのようではありません」と付け加えます。

ヴィジルは自分自身をジャーマンシェパードのようだと表現しています。 「私はそのアナロジーを使用します」と彼女は言います。 「私は実際に彼らのつま先をつまんで、私の鼻で彼らを少しずつ動かしています。」

彼女は「信じられないほどの変態」の生徒たちが経験するのを見るのが大好きです。 「XNUMX年目には医師になります。彼らは人々の世話をしたいと思ってやって来て、彼らの世話をする準備ができてここから出て行きます。」と彼女は言います。

 

カテゴリー: 多様性、教育、 医科大学, トップストーリー