$ {alt}
MichaelHaederle著

プッシュスルーする腕立て伏せ

COVID-19とのニューメキシコ患者の戦いは世界的な運動運動を引き起こします

更新:ハロルド・ラシュトンは2月XNUMX日土曜日の朝に亡くなりました。UNMサンドバル地域医療センターで受けた献身的なケアに感謝した彼の家族に心からの哀悼の意を表します。

---

70代でさえ、ハロルド・ラシュトンはそのような堅固な健康状態にありました 彼は毎日50回腕立て伏せをし、子供、姪、甥姪、孫に追随するようにしばしば挑戦します。

そのため、29月19日の夜にリオランチョの長年の居住者がUNMサンドバル地域医療センターに入院し、COVID-XNUMX感染の検査で陽性となったとき、家族全員にショックがありました。

ラシュトンは呼吸に苦労していました、そしてX線は彼が二重肺炎を持っていたことを示しました。 彼は病院の最初のCOVID陽性患者として集中治療室にすぐに入院しました。

翌朝、彼は51歳の妻ジルに電話をかけました。

「彼は、 『これはかなり怖い』と言った」と彼女は言う。 「彼は立ち止まって、それらの言葉の間に息を吸わなければなりませんでした。」 ちょうどその時、医者が彼を人工呼吸器に接続するためにやって来ました。 「それが私が彼と話した最後の時でした-とにかく、彼が私と話したのです。」

彼は、医学的に誘発された昏睡状態で、挿管され、ICUの人工呼吸器でXNUMXか月近く過ごしました。 ジルはそれを「ジェットコースターに乗る」と説明していますが、夫婦のXNUMX人の子供、夫の兄弟、そして彼らの大家族から受けた支援を称賛しています。

甥のリー・ラシュトンは、腕立て伏せ競技に対するラシュトンの愛情を思い出し、毎晩の合同ズーム会議で、家族が「腕立て伏せをして腕立て伏せをする」ことを提案した。 そのアイデアは プッシュスルーする腕立て伏せ、COVID-19を扱う人々をサポートするために腕立て伏せをするための挑戦。 腕立て伏せの挑戦は世界的な現象になりました、と息子のジェフは言います。

「世界中の人々にそれをやってもらいました」と彼は言います。 「アフリカの人々のビデオがあります。トカゲがそれをしているビデオがあります。危機の最中に私の父を応援していたイタリアの人々がいます。世界中の人々がプッシュアップをしている、または彼が健康になるように応援しています。」

今週初め、彼の家族はいくつかの良いニュースを受け取りました。 ラシュトンは気管切開(現在は人工呼吸器に接続されている喉の穴)を受け、彼の状態は改善され、長期の急性期医療センターに移送されるようになりました。

「それは大きな前進でした」と、ラシュトンのケアを監督するのを手伝ったUNM一般外科部門の助教授であるランスラーソン医学博士は言います。 「彼はXNUMX、XNUMX回死ぬことを試みました、そして彼は引き抜かれました。彼は本当に強い人です。」

ラーソンは、ICUの看護スタッフと呼吸療法士が提供したケアを称賛しています。

「私たちは彼が良くなるのを助けるために30日間彼のベッドサイドに延々といました」とICU看護マネージャーのエリザベス・スタウス、RNは言います。 「ここには、コロナウイルスに感染していないという理由で除外された患者が何人かいました。それで、彼を最初の患者にしたとき、それは私たちにとって現実になりました。多くの不安がありました。本当にストレスがありましたが、良くなっています。」

彼女の同僚であるLoraAnnLovato、RNは、ラシュトンが入院したとき、「彼はとても無私無欲で、看護スタッフと私たちの安全、そして私たちが家に帰って休むことについてもっと心配していました。です、そして私たちは彼の世話をすることを光栄に思います。」

ICUチームのメンバーは、ラシュトンの部屋の外に降りて、家族と共有したビデオの腕立て伏せを絞り出しました。 「これらすべての看護師と呼吸療法士が腕立て伏せをして、お父さんが腕立て伏せをするのを見ることができました」とジェフは言います。

家族は、SRMCICUチームの努力を称賛している。

「彼は素晴らしい病院にいました」とジル・ラシュトンは言います。ジル・ラシュトンもウイルスの検査で陽性であり、その後回復しました。 「私たちは、これまで以上に進んできた医師や看護師にとても感謝しています。 。 。 。 彼らは彼のためにできる限りのことをしていて、私たちにとても親切にしてくれました。」

彼女の夫はすでに人工呼吸器でCOVID患者の確率を上回っており、そのうちの14パーセントだけが生き残っていると彼女は言います。 「私の夫はXNUMX週間足らずのXNUMX日人工呼吸器を使用していました。それは安全よりXNUMX週間長いですが、彼はまだ生きています。」

カテゴリー: 看護学部健康、 あなたが使用できるニュース, 医科大学, トップストーリー