翻訳します
クラリッサピッツ
レベッカ・ロイバル・ジョーンズ

彼女の道を見つける

長年の忍耐力の後、ClarissaPittsは看護学士号を取得しています

XNUMX月は新たな始まりの季節であることが判明しています クラリッサピッツのために。 彼女はニューメキシコ大学で看護学の学士号を取得して卒業するだけでなく、UNM Healthの泌尿器科、血管科、腎臓科のクリニックで担当看護師としての地位を受け入れたばかりです。 そして、彼女は最近誕生日を祝いました。

ピッツさん(33歳)は、看護師になるという彼女の夢を実現するのは簡単ではなかったと言います。 困難な旅でしたが、ピッツは自分がたどった道を誇りに思っていると言います。

ひとり親家庭で育った彼女は、祖母と多くの時間を過ごしました。 しかし、ピッツが中学XNUMX年生のとき、彼女の祖母は脳卒中後に入院しました。 看護師が彼女の祖母に提供したケアは、ピッツに看護師になるよう促しました。

「私は看護師が彼女の世話をすることがどれほどうまくできるかを見ました、そして私は私がそのように誰かを世話するのにあまりにも若すぎることを知っていました」と彼女は言います。 「しかし、私は他の誰かの家族のためにそれをしたいと思っていました。 残念ながら、私の祖母はICUの病院で亡くなりましたが、私は彼女が受けたケアにとても感謝していました。 そして、その時点から私は看護師になりたいと思っていました。」

しかし、UNMでの教育を受けてからXNUMX年半、彼女は圧倒されて学校を中退したと感じました。 彼女には、学校にとどまるために必要なサポートを彼女に与えることができる他の家族や友人がいなかったと彼女は言います。

「私は本当に自分でそれを行う方法を考え出さなければなりませんでした」と彼女は言います。 「約XNUMX年半後、私はとても孤独であると感じたので、それは本当に圧倒的でした。ただ働いて、そのように自分の世話をしようとしているだけです。」

UNMを去った後、彼女は結婚して子供をもうけました。

「フードスタンプを利用し、そのような支援を受けることは素晴らしかったです」とピッツ氏は言います。 「私はその助けを得て良かったが、それが持続可能ではないことを知っていた。 そして、私はもっと何かをする必要があることを知っていたので、それは私がCNMに学校に戻ったときです。 看護プログラムに参加し、2017年に準学士号を取得して卒業するまで、オンラインクラスをXNUMXつずつ行うことができました。」

その後、彼女はUNMで授業を受け始め、父親が亡くなったときに別の困難が生じました。 「私はちょうど動きを経験していました」と彼女は言います。

その間、彼女はホスピスケアと外来診療所で働いていました。 その後、彼女は学校に戻りました。

「私はこのプログラムをXNUMX年余り行ってきましたが、ついに学士号を取得する予定です。 本当に大変な作業でした」と彼女は言います。

子供の頃、ピッツは母親がいくつかの仕事をしているのを見て、自分が母親になったとき、息子に経済的な安全を提供できることを確認したかったのです。 「何かが必要なときに食料品店に行くことができ、電気が消える心配はありません」と彼女は言います。

アルバカーキ出身のピッツは、生まれ育った場所に恩返しできることに感謝していると言います。

「自分のコミュニティに何らかの違いをもたらしていることを知っているだけで、それだけの価値があります」と彼女は言います。

彼女の新しい学位により、彼女は看護師、医療助手、技術者のチームを管理する資格があります、と彼女は言います。

「私は担当看護師として最初の丸XNUMX週間を過ごしましたが、リーダーシップの観点から学ばなければならない新しいことがたくさんあります」と彼女は言います。 「すべての看護師は一般的にリーダーですが、「主任看護師」であるというその役割を実際に引き受けることは本当にエキサイティングです。 それは私が戻って学士号を取得しなければならなかった理由の一部でした。」

彼女は、高校の直後に大学に直接行き、卒業してキャリアを始める卒業生の話を聞くのは素晴らしいことだと言います。 しかし、途中で障害物や迂回路がある旅をしているときは、さらに良い話だとピッツ氏は言います。

「転んでも大丈夫です。 あなたがしなければならないのは、再び立ち上がることを忘れないでください」とピッツは言います。 「そして、学士号を取得するのに10年かかるのか、それとも何年かかるのかは関係ありません。 関係ありません。 それは可能であるため、実際には立ち上がってそれらの夢を自分で実現することです。

「私には11歳の息子がいます。彼は私がそのステージを歩いているのを見ることができ、ついに私が長い間取り組んできた何かを達成することができます。 そして、それは本当に気持ちがいいです。」

カテゴリー: 看護学部、多様性、教育、 トップストーリー