バイオグラフィー

Nina Wallerstein、Dr.PH、College of PopulationHealthの公衆衛生教授。 ニューメキシコ大学の参加型研究センター(http://cpr.unm.edu)の所長は、1年以上にわたって、コミュニティベースの参加型研究(CBPR)とエンパワーメント/フライアン介入を開発してきました。 彼女は現在、南西部の1999つの部族との世代間の文化中心の家族予防プログラムの共同主任研究員です。 CBPRの科学、芸術、および公平性の擁護を強化するために、彼女は、NINRが資金提供するRO2021であるEngage for Equityの主任研究員であり、国のパートナーとともに、健康上の成果に関連する最良のパートナーシップ慣行を研究し、パートナーシップの集合的な反省/行動を展開しています。ツールキット。 彼女は、医療サービスと政策のためのコミュニティが関与する科学のための対策を開発するためのNASEM委員会の任命されたメンバーです。 彼女はラテンアメリカの同僚と共同で列車を作成しました-トレーナーのエンパワーメント、健康増進、および参加型研究カリキュラム(2009年に汎米保健機構が最初に後援)とそのXNUMX年の第XNUMX版(WallersteinとParajonによって改訂)で利用可能になりますスペイン語、ポルトガル語、英語。 XNUMX年以来、CBPR forHealthの毎年恒例のサマーインスティテュートに協賛しています。

専門分野

  • 健康格差のためのコミュニティベースの参加型研究
  • 公衆衛生介入におけるコミュニティのエンパワーメント

実績と賞

彼女の奨学金には、複数の本を含む3以上の出版物が含まれています。たとえば、Community-Based Participatory Research(CBPR)for Health:Advancing Social and Health Equity、2018rd edition、2016; と問題提起:人気のある教育者向けガイド(パウロ・フレイレの解放教育方法論を教育と公衆衛生全体に拡張)。 彼女の最も重要な業績は、ニューメキシコ全体のコミュニティおよび部族のパートナーを含む、健康の公平性に違いをもたらすためのパートナーの育成でした。 コミュニティの全国シンクタンクや学術的なCBPRの同僚へのスポンサーシップを含む、複数のコミュニティエンゲージメントネットワークを通じて全国的に。 そして、参加型健康研究の国際協力、南北アメリカの健康格差ネットワークにおける彼女のリーダーシップ、およびブラジルの学者、教育者、活動家とのXNUMX年以上にわたる協力を通じて世界的に。 XNUMX年、彼女はニューメキシコ大学から最初のCommunity Engaged ResearchLecture賞を受賞しました。

主要な出版物

  • Wallerstein、N。、(2020)(ゲストエディター):Engage for Equityの特別コレクションの紹介:健康教育と公衆衛生のためのコミュニティベースの参加型研究(CBPR)とコミュニティエンゲージドリサーチ(CEnR)の進歩。 健康教育と行動、47(3):357-358。
  • Wallerstein、N.、Oetzel、J.、Sanchez-Youngman、S.、Boursaw、B.、Dickson、E.、Kastelic、S.、Koegel、P.、Lucero、J.、Magarati、M.、Ortiz、K 。、パーカー、M。、ペーニャ、J。、リッチモンド、A。、デュラン、B。、(2020)。 Engage for Equity:コミュニティベースの参加型研究とコミュニティエンゲージドリサーチの実践と成果、健康教育と行動、47(3):380-390の長期研究。
  • Parker、M.、Wallerstein、N.、Duran、B.、Magarati、M.、Burgess、E.、Boursaw、B.、Koegel、P。Engage for Equity; コミュニティベースの参加型研究ツールの開発。 健康教育と行動47(3):359-372。
  • Lucero、J、Boursaw、B.、Eder、M.、Greene-Moton、E.、Wallerstein、N。、&Oetzel、J。Engage for Equity:The Role of Trust and Synergy in Community-Based ParticipatoryResearch。 健康教育と行動、47(3):372-379。
  • Belone、L.、Rae、R.、Hirchak、K.、Cohoe-Belone、B.、Orosco、A.、Shendo、K.、Wallerstein、N。、(印刷中)。 アメリカインディアンの文化を中心としたコミュニティベースの参加型研究家族リスニングプログラムの普及:グローバルな先住民の幸福、系図への影響。
  • Nguyen、T.、Graham、ID、Mirklas、KJ、Bowen、S.、Cargo、M.、Estabrooks、CA、Kothari、A.、Lavis、J.、A.、Macaulay、AC、MacLeod、M.、Phipps 、D.、Ramsden、V.、Renfrew、MJ。、Salsberg、J。Wallerstein、N。IKTは、知識の生成と翻訳へのアプローチからコラボレーションアプローチまでどのように比較されますか? この分野の専門家から学ぶ。 BMC Health Research Policy and Systems、印刷中。
  • Ortiz、K.、Nash、J.、Shea、L.、Oetzel、J.、Garoutte、J.、Sanchez-Youngman、S.、Wallerstein、N。、(2020) パートナーシップ、プロセス、および結果:コミュニティが関与する奨学金の健康格差に焦点を当てたスコーピングメタレビュー、公衆衛生の年次レビュー、41:177-199。
  • Chandanabhumma、PP、Duran、B.、Peterson、JC、Pearson、CR、Oetzel、J.、Dutta、M.、Wallerstein、N。、(2020)他者の声のための科学的言説内の空間? コミュニティベースの参加型研究の科学的言説におけるコミュニティの声の表現、ヘルスコミュニケーション、35:5、616-627、DOI:10.1080 / 10410236.2019.1581409
  • Dickson、E.、Magarati、M.、Boursaw、B.、Oetzel、J.、Devia、C.、Ortiz、K.、Wallerstein、N。、健康と社会的平等のための研究パートナーシップ内の特徴と実践、看護研究、 2020年69月から1月、51(61)、10.1097-0000000000000399。 土井:XNUMX /NNR.XNUMX。
  • Dickerson、D.、Baldwin、J.、Belcourt、A.、Belone、L.、Gittlesohn、J.、Kaholokula、J.、K.、Lowe、J.、Patten、C.、Wallerstein、N.、Encompassing Cultural健康増進介入の開発における科学的研究方法論内の文脈、予防科学、2020、21、33-42。
  • Duran、B.、Oetzel、J.、Magarati、M.、Parker、M.、Zhou、C.、Roubideaux、Y、Muhammad、M.、Pearson、C.、Belone、L.、Kastelic、SH、Wallerstein、 N.有望な実践と成果:CBPRクロスサイト全国調査からの学習、地域保健パートナーシップの進展:研究、教育、行動、2019、13(4)、337-352。
  • Reese、A.、Hanza、M.、Abbenyi、A.、Formea、C、Meiers、S.、Nigon、J.、Osman、A.、Goodson、M.、Njeru、J.、Boursaw、B.、Dickson 、E.、Wieland、M.、Sia、I.、Wallerstein、N.、A Collaborative Self-Evaluation Process for Community Based Participatory Research Partnerships、Progress in Community Health Partnerships、2019、13(3)、Article:225-235 ; ポリシーブリーフ:223-224。
  • Wallerstein、N.、Muhammad、M.、Avila、M.、Belone、L.、Lucero、J.、Noyes、E.、Rodriguez、P.、Sanchez-Youngman、S.、Baker、E.、Nguyen、T。 。、Sigo、R.、Ruddock、C.、Duran、B。、コミュニティベースの参加型研究におけるパワーダイナミクス:コンテキスト、歴史と実践、健康教育と行動、2019、46(1S)19Sをパートナーとするマルチケーススタディ分析–32S、DOI:10.1177 / 1090198119852998
  • Wallerstein、N.、Oetzel、J.、Duran、B.、Magarati、M.、Pearson、C.、Belone、L.、Davis、J.、Dewindt、L.、Lucero、J.、Ruddock、C。、 Sutter、E.、Villegas、M.、Dutta。、M。コミュニティベースの参加型研究における文化中心性:健康​​介入研究への影響、健康教育研究、2019、34(4)、372-388。 土井:10.1093 / her / cyz021、PMID:31237937
  • Collins SE、Clifasefi SL、Stanton J、The Leap Advisory Board、Straits KJE、Gil-Kashiwabara E、Rodriguez Espinosa P、Nicasio AV、Andrasik MP、Hawes SM、Miller KA、Nelson LA、Orfaly VE、Duran BM、WallersteinN。コミュニティベースの参加型研究(CBPR):心理学研究へのコミュニティの公平な関与に向けて。 American Psychologist、2018、73(7):884-898。 土井:10.1037 / amp0000167。 PMID:29355352
  • Eder、M.、Ahmed、S.、Calhoun、K、Corbie-Smith、G.、Gaurav、D.、DeFino、M.、Harwood、E.、Kissack、A.、Kleinman、L.、Wallerstein、N。 、コミュニティエンゲージメントとコミュニティエンゲージドリサーチの定義と測定:臨床およびトランスレーショナルサイエンスの制度的実践..コミュニティヘルスパートナーシップの進展:研究、教育、行動、12(2)、2018、145-156。
  • Akerman、M.、Moyses、ST、Franco、R.、Mendes、R.、Nogueira、J.、Zancan、L.、Manoncourt、Wallerstein、N、2019、民主主義と健康増進、編集、健康増進インターナショナル、特別サプリメント民主主義と健康増進について、34(1):i1–i3、https://doi.org/10.1093/heapro/daz016
  • Harris、J.、Cook、T.、Gibbs、L.、Oetzel、J.、Salsberg、J.、Shinn、C.、Springett、J.、Wallerstein、N.、Wright、M。、(2018)。 健康と健康研究への参加の影響の検索:課題と方法」、Biomedical Research International、2018年、記事ID 9427452、https://doi.org/10.1155/2018/9427452/。PMID:29862298
  • Oetzel、J。Wallerstein、N.、Duran、B.、Sanchez-Youngman、S.、Nguyen、T.、Woo、K.、Wang、J.、Schulz、AM、Kaholokula、JK、Israel、BA、Alegria、 M。、(2018)。 参加型健康研究の影響:CBPR概念モデルのテスト:コミュニティ-学術パートナーシップ内の成果への経路、Biomedical Research International、記事ID 7281405、doi:10.1155 / 2018/7281405。
  • Lucero、J.、Wallerstein、N.、Duran、B.、Alegria、M.、Greene-Moton、E.、Israel B.、Kastelic S.、Magarati、M.、Oetzel、J.、Pearson、C。、 Schulz、A.、Villegas、M.、White Hat、E。コミュニティベースの参加型研究のプロセスと結果の混合方法調査の開発。 Journal of Mixed Methods、2018、12(1)55–74; 2016年にオンラインで最初に公開された、DOI:10.1177 / 1558689816633309。 PMID:29230152

言語

  • 英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語

研究

コミュニティや部族のパートナーとの文化中心の学際的介入研究から科学と健康格差への影響を促進すること。 コミュニティベースの参加型研究/コミュニティが関与する研究の科学と健康格差への影響を促進すること。

参加型研究センター 

教えられたコース

  • 公衆衛生の公平性の決定要因
  • 健康のためのコミュニティベースの参加型研究:先住民および重要な方法論