バイオグラフィー

武田は日本の長崎大学で理学士号(1998年)と薬学の修士号(2000年)を取得しました。 彼女は臨床薬剤師として働きながら、日本で日本の伝統的な漢方薬(漢方医学)を学びました。 彼女は薬学博士号を取得しました。 2009 年にローズマン大学健康科学部 (旧南ネバダ大学) で博士号を取得し、2013 年にカンザス大学で臨床研究の理学修士号を取得しました。

身上書

UNMに入社する前に、私はてんかんを専門とする薬剤師/研究者になるための訓練を受けました。 てんかんは一般的な神経疾患であり、抗発作薬は発作の制御に重要な役割を果たします。 そのため、薬剤師および研究者として、私は患者を発作とその合併症から守るためには、抗発作薬を効果的かつ安全に使用することが重要であると強く信じています。 私はUNM神経科クリニックのてんかん専門医と協力し、2019年の夏までてんかん患者の服薬管理サービスを提供していました。
ニューメキシコ大学でのキャリアの初期から、私は疼痛管理とオピオイドの過剰摂取の予防に興味を持ってきました。 オピオイドの誤用とオピオイドの過剰摂取による死亡は、ニューメキシコ州だけでなく米国でも深刻な公共問題であり、オピオイドの過剰摂取による死亡を防ぐには、鎮痛剤の安全かつ適切な使用が不可欠です。 UNM ペイン センターとファースト チョイス コミュニティ ヘルスケア クリニックで、私は臨床薬剤師として勤務し、慢性的な痛みを持つ患者に服薬管理サービスを提供しています。

私はUNM薬科大学で神経疾患を教えています。 教えることは私の情熱であり、私の知識と経験を将来の薬剤師に伝えることに大きな満足を感じています。

専門分野

疼痛処理
てんかん
補完代替医療

学習の機会

カンザス大学修士号、2013 年 (臨床研究)
ローズマン大学健康科学、薬学博士号、2009 年
2000年 長崎大学大学院修士課程修了(薬学)
1998年 長崎大学薬学部卒業

認定証

米国医療システム薬剤師協会によって提供および評価された疼痛管理証明書、2019 年 XNUMX 月
教育ツールとしてのシミュレーションに関するインストラクタートレーニング、Institution for Medical Simulation (Harvard Medical School) 提供、2013 年 XNUMX 月

実績と賞

2018年XNUMX月 教員感謝賞(薬学部XNUMX年生が選出)
教員感謝賞(薬学部2021年生が選出) XNUMX年XNUMX月

主要な出版物

雑誌の記事
カッツマン、ジョアンナ、G タケダ、ミキコ、Y グリーンバーグ、ニーナ、モヤ、モニカ、アルシュブリ、アマル、カッツマン、ウィリアム、サルバドール、ジュリー、G バット、スネハル、2020 年の患者による持ち帰りナロキソンとオピオイドの過剰摂取逆転協会オピオイド治療プログラム。 JAMA ネットオープン、vol. 3、問題 2、e200117
雑誌の記事
Bachyrycz、Amy、Takeda、Mikiko、Y Wittstrom、Kristina、Bleske、Barry、E 2018 年薬局教育におけるオピオイド過剰摂取対応トレーニング: オピオイド過剰摂取防止のためのナロキソン使用に対する学生の認識の分析、薬局の教育と学習の潮流。 薬局の教育と学習の現状
雑誌の記事
Katzman、Joanna、G Takeshita、Mikiko、Y Greenberg、Nina、Moya、Monica、Bhatt、Snehal、、、、2017 OTP 設定内でのナロキソン使用の革新的なモデル: 前向きコホート研究。 J アディクト メッド
雑誌の記事
Cone、Catherine、Takeda、Mikiko、Y Smith、Mark、障害者のケアを評価し計画する学生の能力を向上させるための 2017 年報告会。 ヘルスケアにおけるシミュレーション
雑誌の記事
Takeda、Mikiko、Y Katzman、Joanna、G Dole、Ernest、Alchbli、Amal、Duhigg、Dan、Yonas、Howard、2016 慢性オピオイド療法中の患者に対する普遍的予防措置モデルとしてのナロキソンの同時処方 - 観察研究。 薬物乱用、vol. 37、第 4 号、591-596

ESL, ビジネスESL <br> 中国語/フランス語、その他

  • 日本語

教えられたコース

高度な薬局実務経験(神経内科および疼痛管理)
PHRM 743/843 患者ケア検査室の側面
PHRM 745/845 統合薬物療法 VI
PHRM 796/798 証拠に基づく補完代替医療
日本の薬学部教員向け国際教員資格認定プログラム

研究と奨学金

1. Katzman JG、Takeda M、Greenberg N、Moya M、Alchbli A、Katzman W、Salvador JG、Bhatt S. オピオイド治療プログラム患者によって行われた持ち帰りナロキソンとオピオイドの逆転。 JAMAネットオープン。 2020 5 月 3;2(200117):eXNUMX。

2. Takeda M、Patel A、Fenton G、バルプロ酸服用患者におけるエナジードリンク誘発性突出発作 - てんかんにおける薬草の安全性の検討。 Jファーマプラクト。 2019 32 月;5(485):487-XNUMX。

3. Bachyrycz A、Wittstrom K、Bleske B、Takeda M.、薬局教育におけるオピオイド過剰摂取反応トレーニング: オピオイド過剰摂取予防のためのナロキソン使用に対する学生の認識の分析、薬局の教育と学習の潮流。 2019 年 11 月;2(166):171-XNUMX。

4. ロバーツ MH、武田 MY、キンディリアン S、バルカウィ YK、ボレゴ ME。 慢性てんかんにおける抗てんかん薬治療に関する、公表された社会的観点またはQALY結果の経済分析に含まれる要素の評価。 薬学経済学と成果研究の専門家レビュー、2018 年 28 月 1:17-XNUMX。

5. Takeda MY、Katzman J、Dole E、Heinz-Bennett M、Alchbli A、Duhigg D、Yonas H. 慢性オピオイド治療中の患者に対する普遍的な予防モデルとしてのナロキソンの同時処方、薬物乱用ジャーナル。 2016年19月0時XNUMX分。