バイオグラフィー

ロバーツは、ペンシルバニア州フィラデルフィアのペンシルバニア大学ウォートンスクールで経済学の学士号を取得し、ジョージア州アトランタのジョージア工科大学産業システム工学部で医療システムの修士号を取得し、博士号を取得しました。 。 ニューメキシコ州アルバカーキのニューメキシコ大学(UNM)薬学部を卒業。 UNM の教員になる前の数年間、ロバーツ博士は、Kaiser Permanente Georgia、Lovelace Respiratory Research Institute、Lovelace Clinic Foundation などの多くの医療機関で医療サービスの研究者を務めていました。

身上書

ロバーツ氏の研究は、薬物療法に関連するアウトカム研究に焦点を当ててきました。 彼女の主な関心は慢性疾患の治療、特に慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の治療です。 彼女はデータベース研究に関して豊富な経験を持っています。 現在の関心は薬経済学や因果推論法などです。
https://www.researchgate.net/profile/Melissa_Roberts3

専門分野

薬理疫学
薬理経済学
有効性の比較
COPD

学習の機会

ニューメキシコ大学博士号、2013 年 (薬学)
1999 年、ジョージア工科大学産業システム工学部修士課程修了(医療システム)
フィラデルフィアのペンシルベニア大学ウォートンスクールで学士号を取得

実績と賞

2022年度薬科大学教員感謝賞 - 大学院生

主要な出版物

雑誌の記事
Mapel、D、W Roberts、Melissa、Davis、J、2020 ブデソニド/ホルモテロール療法: 喘息および慢性閉塞性肺疾患における効果的かつ適切な使用。 比較有効性研究ジャーナル、vol. 9、第 4 号、231-251
雑誌の記事
Roberts、Melissa、Erdei、Esther、O 2020 2010 年から 2016 年の米国の自己免疫疾患罹患率を性別、地域、人種ごとに比較。 自己免疫レビュー、vol. 19、第 1 号、102423
雑誌の記事
Roberts、Melissa、Takeda、Mikiko、Y Kindilien、Shannon、Barqawi 、Yazan、Borrego、Matthew、E 2018 慢性てんかんにおける抗てんかん薬治療に関する公表された社会的観点または QALY 結果の経済分析に含まれる要素の評価 薬学経済学および結果研究の専門家レビューhttps://doi.org/10.1080/14737167.2018.1489243
雑誌の記事
Roberts、Melissa、Mapel、Douglas、W Bruse、Shannon、Petersen、Hans、Nyunoya、Toru、2013 年 慢性閉塞性肺疾患の有無にかかわらず高齢者の死亡リスク尺度としての修正 BODE 指数の開発 アメリカ疫学ジャーナル、第 178 巻。 https://academic.oup.com/aje/article/7/1150/212067/XNUMX/Development-of-a-Modified-BODE-Index-as-a
雑誌の記事
Roberts、Melissa、Mapel、Douglas、W Hartry、Ann、Von Worley、Ann、Thomson、Heather、2013 年 慢性閉塞性肺疾患における慢性疼痛と鎮痛薬の使用。 横断研究、米国胸部学会年報、第 10 巻。 4、第 290 号、298-XNUMX

研究と奨学金

ロバーツ・MH、マペル DW、ガンビル N、ドッド MA。 COPDの有無にかかわらず高齢者の虚弱:有病率と有害転帰との関連に関するコホート研究。 Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2022;17:701-717

Roberts MH、Ferguson G. 現実世界の証拠: 支払者の決定を導くための証拠のギャップを埋める。ファーマエココンオープン。 2021;5(1):3-11。

Roberts MH、Erdei E. 2010 年から 2016 年の米国の自己免疫疾患罹患率を性別、地域、人種ごとに比較。 Autoimmun Rev. 2020;19(1):102423。

Roberts MH、Mapel DW、Hartry A、Von Worley A、Thomson H. 慢性閉塞性肺疾患における慢性疼痛と鎮痛剤の使用: 横断研究。 アンアム胸部学会2013;10(4):290-8.

Roberts MH、Mapel DW、Bruse S、Petersen H、Nyunoya T. 慢性閉塞性肺疾患の有無にかかわらず、高齢者の死亡リスク尺度としての修正 BODE 指数の開発。 J エピデミオールです。 2013;178(7):1150-60。