バイオグラフィー

サラGMピチリージョ博士は、ニューメキシコ大学(UNM)健康科学センターの細胞生物学および生理学部門の助教授であり、UNM総合がんセンターの正会員です。

Piccirillo博士は、2003年にミラノ大学(イタリア)で医療バイオテクノロジーを卒業し、博士号を取得しました。 2008年にミラノビコッカ大学で翻訳および分子医学の博士号を取得。

博士号取得後のトレーニングで、Piccirillo博士は、2010年にMarie Curie Intra-European Fellowshipを授与され、ケンブリッジ大学(UK)の臨床神経科学部の研究員として働いていました。 2011年31月、彼女はケンブリッジにある2013の大学の2014つであるヒューズホールのリサーチフェローに選出されました。 2016年、Piccirillo博士は、米国ダラスにあるテキサス大学サウスウエスタンメディカルセンターとの共同研究を開始し、XNUMX年からXNUMX年にかけてVisiting SeniorScientistとして施設を訪れました。

2016年、Piccirillo博士は、UTサウスウエスタンメディカルセンターに内科の教員として採用され、2018年には、同じ機関のリサーチアシスタントプロフェッサーに昇進しました。 2019年、Piccirillo博士は、ニューメキシコ大学健康科学センターにテニュアトラック助教授として加わりました。

身上書

過去XNUMX年間の私の研究は、成人の最も攻撃的な脳腫瘍、すなわち神経膠芽腫(GBM)におけるいわゆる「癌幹様細胞」の遺伝子型と表現型との関係に主な焦点を当ててきました。 私の博士号の間にミラノ-ビコッカ大学(イタリア)での私の仕事は、腫瘍細胞によって乗っ取られる自己複製と分化の主要な調節幹細胞メカニズムに焦点を当てていました。 具体的には、GBM細胞の分化誘導に基づく新しい治療アプローチを特定し、 インビボの 患者由来の異種移植モデルを使用した分化促進療法の有効性(Piccirillo SG et al。、 自然 2006)。 この作業により、特許が申請され、2020年に第I相臨床試験が完了した分化促進治療薬が開発されました。

私の研究はまた、表現型的および遺伝的に異なる癌幹細胞様細胞が同じGBMに共存することを明らかにすることに貢献しました(Piccirillo SG et al。、 癌遺伝子 2009)および腫瘍縁などの残存病変の領域(Piccirillo SG et al。、 Br J Cancer 2012)および側脳室の脳室下帯(Piccirillo SG et al。、 がん研究 2015)。 これらの領域からの癌幹様細胞は、GBM増殖の患者固有の進化軌道に寄与し、GBM患者で避けられない再発腫瘍を播種します(Spiteri I.、et al。、 腫瘍学の年報 2019)。

私の研究室の研究の焦点は、GBMの広範な遺伝的および表現型の不均一性の機能的結果の分析です。 具体的には、腫瘍内の不均一性が治療抵抗性と治療後の腫瘍増殖に及ぼす影響を調査することに関心があります。 ゲノム測定を癌幹細胞様細胞の表現型分析と統合し、この情報を使用して、治療抵抗性の発生に関する機械的な洞察を取得します。

専門分野

脳腫瘍
神経幹細胞
がんゲノミクス

実績と賞

2021-ロバートM.ファクソンジュニアは神経腫瘍学の教授職を授与されました

2021-トランスレーショナルアダルトグリオーマアワード、ベンアンドキャサリンアイビー財団

2021-AACR-Novocure Tumor Treating Fields Independent Investigator Research Grant、American Association for Cancer Research and Novocure

2019-腫瘍学における新薬開発のためのジャンニボナドンナ賞、ジャンニボナドンナ財団およびプラダグループ

2017-DocStars Award、The Cary Council-Southwestern Medical Foundation

2016-UTサウスウエスタンメディカルセンターとの共同プロジェクトを支援するための新しい研究者研究賞、Cancer Research UK

2014年-英国ケンブリッジ大学芸術学修士(名誉)

2011-2016-英国ケンブリッジのヒューズホール大学の研究員

2011-2013-マリー・キュリーキャリア開発のための欧州内フェローシップ、欧州委員会

2010-英国神経腫瘍学会および脳腫瘍研究、英国若手研究者賞

2007-最優秀若手イタリア人研究者、プレミオサピオ賞

主要な出版物

雑誌の記事
Piccirillo、Sara、Reynolds、B、A Zanetti、N、Lamorte、G、Binda、E、Broggi、G、Brem、H、Olivi、A、Dimeco、F、Vescovi、A、L2006骨形成タンパク質は腫瘍形成能を阻害します人間の脳腫瘍開始細胞の。 ネイチャー、vol。 444、発行7120、761-5
雑誌の記事
Spiteri、I、Caravagna、G、Cresswell、G、D Vatsiou、A、Nichol、D、Acar、A、Ermini、L、Chkhaidze、K、Werner、B、Mair、R、Brognaro、E、Verhaak RGW 、、 Sanguinetti 、G、Piccirillo SGM 、、 Watts、C、Sottoriva、A、2019ヒト神経膠芽腫における残存病変の進化のダイナミクス。 腫瘍学年報:欧州臨床腫瘍学会の公式ジャーナル、vol。 30、第3号、456-463

ジェンダー

女性

言語

  • 英語
  • イタリア語
  • ドイツ語

研究と奨学金

選択された出版物:

1. Piccirillo SG、Reynolds BA、Zanetti N.、Lamorte G.、Binda E.、Broggi G.、Brem H.、Olivi A.、Dimeco F.、Vescovi AL(2006)。 骨形成タンパク質は、ヒト脳腫瘍開始細胞の腫瘍形成能を阻害します。 ネイチャー、444(7120)、761-765。

2. Piccirillo SG、Combi R.、Cajola L.、Patrizi A.、Redaelli S.、Bentivegna A.、Baronchelli S.、Maira G.、Pollo B.、Mangiola A.、DiMeco F.、DalpràL。、Vescovi AL(2009) 。 癌幹様細胞の異なるプールは、ヒト神経膠芽腫内に共存し、異なる腫瘍形成性と独立したゲノム進化を示します。 オンコジーン、28(15)、1807-1811。

3. Piccirillo SGM、Colman S.、Potter NE、van Delft FW、Lillis S.、Carnicer MJ、Kearney L.、Watts C.、Greaves M.(2015)。 膠芽腫における増殖細胞の遺伝的および機能的多様性。 ステムセルレポート、4(1)、7-15。

4. Piccirillo SGª、Spiteri I.、Sottoriva A.、Touloumis A.、Ber S.、Price SJ、Heywood R.、Francis NJ、Howarth KD、Collins VP、Venkitaraman AR、Curtis C.、Marioni JC、TavaréS。、Watts C .ª(2015)。 上衣下帯の悪性細胞に由来する膠芽腫の薬剤耐性への寄与。 Cancer Res、75(1)、194-202。 (ª共同対応著者)

5. Spiteri I.、Caravagna G.、Cresswell GD、Vatsiou A.、Nichol D.、Acar A.、Ermini L.、Chkhaidze K.、Werner B.、Mair R.、Brognaro E.、Verhaak RGW、Sanguinetti G 。、 Piccirillo SGM*、Watts C。*、Sottoriva A。*(2019)。 ヒト神経膠芽腫における残存病変の進化のダイナミクス。 アン・オンコル、30(3)、456-463。 (*共同シニアおよび共同対応著者)