バイオグラフィー

マー博士は、1990 年にメリーランド大学医学部で医学博士号を取得し、1993 年にピッツバーグ大学医療センターで内科のレジデンシーを修了しました。2003 年にハーバード/マサチューセッツ総合病院で緩和医療のフェローシップを修了しました。

身上書

内科医として 9 年間勤務した後、2002 年から 2003 年にかけて緩和医療の研修を受け、以来、緩和医療の分野で働いてきました。 私は、重篤または生命を脅かす病気に直面している患者や家族と協力し、私たちの優れた学際的な専門家チームとともに、身体的、感情的、社会的、精神的な苦しみの多くの原因を緩和するために働くことを光栄に思います. 臨床ケアの提供に加えて、私は教育者でもあり、コミュニケーション スキル、医療行為における文化的認識と感受性、健康と持続可能性、終末期の精神的問題に焦点を当てています。

専門分野

終末期ケアにおけるスピリチュアルな問題 医療行為における効果的なコミュニケーション アメリカ先住民/アラスカ先住民の患者のための緩和ケア 医療行為における健康と持続可能性 健康の社会的決定要因と緩和ケアの提供への影響

認証

BS MD

実績と賞

New Mexico American College of Physicians 「Teacher of the Year」、2018 年 Outstanding Inspirational Leader to Hospital Medicine、UNM 2017 年 Medical Leadership Academy、UNM、2016-2017 年 UNM 内科部門 Quality and Safety Award、2013 年 Excellence in Teaching Award、UNM SOM 2010 年 Edward J. Lennon Endowed Clinical Teaching Award、MCW、2007 年フェローシップ、緩和医療、MGH、2002-2003 年 Clinical Pastoral Education Scholarship Award、MGH、2002 年 Rush Medical Club、UMD、1985 年

ESL, ビジネスESL <br> 中国語/フランス語、その他

  • 英語

教えられたコース

2012 年に UNM ホスピスおよび緩和医療フェローシップの ACGME 認定を取得し、5 年間プログラム ディレクターを務めました。 私は、痛みと症状の管理、予後、緩和ケアにおける効果的なコミュニケーション、緩和ケアと終末期ケアにおける精神的および文化的問題など、緩和ケアとホスピスに関連する複数のトピックについて講義してきました。 私の特別な関心は、十分なサービスを受けていないコミュニティでの緩和ケアと終末期ケアの提供、特に AI/AN 患者への緩和ケアです。 私は、患者ケアにおける精神的および文化的問題と、医療行為における医師の持続可能性に最も関心があります。

研究と奨学金

Gebauer S、Morley SK、Haozous EA、Finlay E、Camarata C、Fahy B、FtizGerald E、Harlow K、Marr L. アメリカ先住民とアラスカ原住民の緩和ケア: 文献のレビュー。 J Palliat Med 2016:19(12): 1331-1340。 Katzman JG、Fore C、Bhatt S、Greenberg N、Salvador JG、Comerci GC、Camarata C、Marr L、Monette R、Arora S、Bradford A、Taylor D、Dillow J、Karol S. American Indian Health Service Training の評価疼痛管理およびオピオイド物質使用障害。 政府、法律および公衆衛生の実践 2016: American Journal of Public Health 2016 年 106 月、Vol. 8、No. 1427 : pp. 1429-2015 Eneanya ND、Goff SL、Martinez T、Gutierrez N、Klingensmith J、Griffith JL、Garvey C、Kitsen J、Germain MJ、Marr L、Berzoff J、Unruh M、Cohen LM。 末期腎疾患における意思決定の共有: 透析患者の終末期ケアを改善するためのコミュニケーション介入に関する多施設研究のプロトコル。 BMC 緩和ケア。 12; 14 月 30:2012-15。 Marr LA、Neale D、Wolfe V、Kitzes J. 神話に立ち向かう: アカデミックな入院患者緩和ケア相談プログラムにおけるネイティブ アメリカンの経験。 J Palliat Med。 1 年 71 月;6(2012):13-2009. Epub 12 年 8 月 739 日 Marr, L. 思いやりは疲労をもたらすことができますか? J Palliat Med。 40 年 XNUMX 月;XNUMX(XNUMX):XNUMX-XNUMX。