バイオグラフィー

ジレット博士は、ゲティスバーグ大学で生物学の理学士号(1999)を取得し、博士号を取得しています。 コロラド大学健康科学センター(2004)で細胞および発生生物学の博士号を取得。 ジレット博士は、国立衛生研究所で博士研究員のトレーニングを修了し、ユーニスケネディシュライバー国立小児保健人間開発研究所の細胞生物学および代謝部門で働いていました。 2011年、ジレット博士はUNMHSC病理学部の学部に加わりました。

身上書

ジレット研究所での研究は、健康で悪性の造血細胞を調節する骨髄微小環境内の細胞コミュニケーションのメカニズムを調査しています。 骨髄は、造血幹細胞および前駆細胞(HSPC)の増殖と生存のための調節微小環境またはニッチを提供し、すべての血液細胞と免疫細胞を生じさせます。 HSPCは、血液循環と骨髄の間を行き来し、ニッチな部位に出入りし、そこで骨髄の可溶性および接着性の成分と相互作用します。 これらの相互作用は、HSPCの増殖、静止、生存、および人身売買の手がかりを提供します。 さらに、急性骨髄性白血病(AML)などの特定の白血病は、HSPC集団内の突然変異から生じ、癌幹細胞が骨髄に移動し、そこでしばしば静止状態で化学療法抵抗性になり、疾患の再発につながります。 私たちの研究室では、最先端のイメージング技術とin vivoの前臨床モデルを利用して、骨髄移植の分野で新しい可能性を提供すると予想される、健康な幹細胞と悪性細胞が骨髄にどのように動員され、信号を送るかを理解するための組み合わせアプローチを採用しています。と再生医療と将来の白血病の治療。

専門分野

細胞生物学
骨髄微小環境内の細胞間コミュニケーション
静止/休眠シグナル伝達メカニズム
テトラスパニン膜足場タンパク質

実績と賞

科学者およびエンジニアのための大統領早期キャリア賞(PECASE)、2019年
ニューメキシコIDeAネットワークオブバイオメディカルリサーチエクセレンスリサーチレコグニションアワード、2018
ニューメキシコ大学健康科学センター優秀研究賞
ジュニアファカルティ、2015年
ニューメキシコ大学健康科学センター教育優秀賞、2015年
優秀メンター賞、生物医科学大学院生協会、
ニューメキシコ大学健康科学センター、2015年
キャリア開発のための若い卒業生達成賞、ゲティスバーグ大学、2014年
NIH壁内研究トレーニング賞、2004-2010
NIHフェローアワードフォーリサーチエクセレンス、2009年
NIHフェローアワードフォーリサーチエクセレンス、2008年
NIHフェローアワードフォーリサーチエクセレンス、2007年
アメリカ細胞生物学会小説および報道価値のある研究賞、2006年
NASA大学院生研究賞、2002-2004
国立骨粗鬆症財団マジーの学生研究賞。 2002年
コロラド大学健康科学センター優れた学生研究
2002年の賞
ゲティスバーグ大学女性優秀賞、2002年
コロラド大学引退教員協会優秀卒業生
2001年研究賞
ドロシーショー優秀リーダーシップ賞-ゲティスバーグ大学、1999年
ゲティスバーグ大学シニア奨学金賞、1998-1999

ジェンダー

女性

言語

  • 英語

教えられたコース

BIOM 508:Advanced Cell Biology、コースディレクター
BIOM 522:分子および細胞生物科学における実験計画と方法
BIOM 410:医学の研究
BIOM 583:セミナー:病理学

研究と奨学金

Floren M、Restrepo Cruz S、Termini CM、Marjon KD、Lidke KA、Gillette JM 「テトラスパニンCD82は、プロテインキナーゼCαおよびα1インテグリンの活性化を調節することにより、急性骨髄性白血病の化学療法抵抗性を促進します。」 オンコジーン。 19年2020月XNUMX日。

齋藤レイス、C、マージョン、KD、パスケッティ、EM、フローレン、M、ジレットJM。 「テトラスパニンCD82は、骨髄のホーミングと造血幹細胞および前駆細胞の生着を調節します。」 モルバイオルセル。 26月29日;24(2946):2958-2018。 XNUMX.幹細胞生物学特集。

Termini CM、Lidke KA、Gillette JM 「テトラスパニンCD82は、急性骨髄性白血病におけるPKCaの時空間ダイナミクスを調節します。 SciRep。2016、6; doi:29859/srep10.1038。

Marjon、KD *、Termini、CM *、Karlen、KL、Saito-Reis、C、Soria、CE、Lidke、KA、Gillette、JM。 「テトラスパニンCD82は、N-カドヘリンの分子組織を調節することにより、急性骨髄性白血病の骨髄ホーミングを調節します」*同等の貢献。 オンコジーン。 4月35日;31(4132):40-2016。 XNUMX年。

仮特許:ファイル0310.000145US60「血液中の造血幹細胞および前駆細胞を増加させる方法」。 Saito-Reis、C、Balise、VD、Pascetti、EM、Floren、M、Gillette JM

MyBibliographyで公開された作品の完全なリスト:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/myncbi/jennifer.gillette.1/bibliography/public/