主要な出版物

Maphis、N.、Peabody、J.、Crossey、E.、Jiang、S.、Ahmad、F.、Alvarez、M.、Monsoor、SK、Yaney、A.、Yang、Y。Sillerud、L.、Wilson、 C.、Selwyn、R.、Brigman、J.、Cannon、J.、Peabody、DS、Chackerian、B。、および K.バスカー (2019)。 Qßウイルス様粒子ベースのワクチンは、強力な免疫を誘導し、タウオパチーから保護します。 npjワクチン4、 記事番号:2。03年2019月XNUMX日

Fanni AM、Monge FA、Lin CY、Thapa A、 バスカーK、Whitten DG、Chi EY(2019)。 フィブリルおよび前線維性アミロイドタンパク質凝集体を検出するためのオリゴマーp-フェニレンエチニレンの高い選択性および感度。 ACS Chem Neurosci。 2019 20月10; 3(1813):1825-XNUMX。

ラズL、 バスカーK、Weaver J、Marini S、Zhang Q、Thompson JF、Espinoza C、Iqbal S、Maphis NM、Weston L、Sillerud LO、Caprihan A、Pesko JC、Erhardt EB、Rosenberg GA(2019)。 低酸素症は、血管機能障害における関連する神経病理を伴うタウの過剰リン酸化を促進します。 NeurobiolDis。 2019年126月; 124:136-XNUMX。

Bemiller SM、Maphis NM、Formica SV、Wilson GN、Miller CM、Xu G、Kokiko-Cochran ON、Kim KW、Jung S、Cannon JL、Crish SD、Cardona AE、Lamb BT、 バスカーK。 (2018)。 CXのケモカインドメインの発現を遺伝的に増強する3CL1は、タウオパチーのマウスモデルでタウの病理を防ぐことができません。 J神経炎症 。 2018年25月15日; 1(278):XNUMX。

Maphis、N、Jiang、S、Binder J、Wright、C、Gopalan、B、Lamb、BTおよび Bhaskar、K (2017)。 MECP2は、タウオパチーに関連するタウ病理の新しい調節因子です。 分子神経科学のフロンティア 2017 Mar 17; 10:69。

江、Sと Bhaskar、K (2017)。 アルツハイマー病に関連するシナプス機能および機能不全の調節における補体、サイトカイン、およびケモカインシステムのダイナミクス。 アルツハイマー病のジャーナル 2017;57(4):1123-1135.  PMID: 28372329.

Kokiko-Cochran、ON、Sabre、M、Puntambekar、S、Bemiller、SM、Katsumoto、A、Lee、YS、 バスカー、K、 Ransohoff、RMおよびLamb、BT(2017)。 hTauモデルマウスにおける外傷性脳損傷:急性マクロファージ応答の増強と長期回復の変化。 J神経外傷 31月10.1089日土井:2017.5203 /neu.XNUMX​​。

Maphis、N、Jiang、S、Xu、G、Kokiko-Cochran、ON、Roy、SM、Van Eldik、LJ、Watterson、DM、Lamb、BTおよび Bhaskar、K (2016)。 p38MAPKのa-ア​​イソフォームの選択的抑制は後期タウ病理を救助します。 アルツハイマー病の研究と治療 (15; 8(1):54)。 PMID:27974048。PMCID:PMC5157054。

Maphis、N、Xu、G、Kokiko-Cochran、ON、Cardona A、Ransohoff RM、Lamb BT、 バスカーK (2015)。 反応性ミクログリアはタウの病理を促進し、脳内の病理学的タウの拡散に寄与します。 138月; 6(パート1738):55-10.1093。 土井:081 / brain / awv25833819。 PMID:4542622。PMCID:PMCXNUMX。

Maphis、N、Xu、G、Kokiko-Cochran、ON、Cardona A、Ransohoff、RM、Lamb、BT、 バスカーK (2015)。 タウの喪失は、炎症を介した神経変性を救助します。 神経科学のフロンティア。 3月9日; 196:10.3389。 土井:2015.00196 /fnins.26089772。 PMID:4452825。PMCID:PMCXNUMX。

Raz、L *、Knoefel、Jおよび Bhaskar、K (2015)。 認知症の神経病理学と脳血管メカニズム。 J.脳血流と代謝 15月10.1038日:doi:2015.164 /jcbfm.26174330。 PMID:4758551。PMCID:PMCXNUMX。 

小室、Y、徐、G、 Bhaskar、K およびラム、BT(2015)。 ヒトのタウ発現は、タウオパチーのマウスモデルにおける成体の神経新生を減少させます。老化の神経生物学36月; 6(2034):42-10.1016。 土井:2015.03.002 /j.neurobiolaging.25863528。 PMID:4724414。PMCID:PMCXNUMX。

Kokiko-Cocharan、ON、Ransohoff、L、Veenstra、M、Lee、S、Sabre、M、Sikora、S、Teknipp、R、Xu、G、Bemiller、S、Wilson、G、Crish、S、Bhaskar、K、Lee、YS、Ransohoff、RM、Lamb、BT(2015)。 アルツハイマー病のマウスモデルにおける外傷性脳損傷後の神経炎症と行動の変化。J.ニューロトラウマ月23rddoi:10.1089 /neu.2015.3970。 PMID:26414955。

Chauhan、S、Ahmed、Z、Bradfute、SB、Arko-Mensah、Jiang、S、J、Mandell、MA、Blanchet、F、Waller、A、Sklar、L、Timmins、GS、Maphis、N、バスカー、K、ピゲ、Vおよびデレティック、V(2015)。 製薬スクリーンは、幅広い翻訳の可能性を秘めたオートファジーの活性化のための新しい標的プロセスを特定します。ネイチャー·コミュニケーションズ27月6日; 8620:26503418。 PMID:4624223。PMCID:PMCXNUMX。

Bhaskar、K。、Maphis、N.、Xu、G.、Varvel、NH、Kokiko-Cochran、ON、Weick、JP、Staugaitis、SM、Cardona、A.、Ransohoff、RM、Herrup、K。、およびLamb、BT(2014) 。 ミクログリア由来の腫瘍壊死因子-αは、アルツハイマー病に関連する神経細胞周期イベントを促進します。病気の神経生物学62、273-285。

バスカーK、Hobbs GA、Yen SH、Lee G(2010)。 タウのチロシン18リン酸化は、タウオパチーのトランスジェニックマウスモデルにおける疾患の進行を伴う。 Neuropathology&Applied Neurobiology 36(6):462-77.Bhaskar K、Magan Konerth、Olga N. Kokiko-Cochran、Astrid Cardona、Richard Ransohoff、Bruce Lamb(2010) ミクログリアフラクタルカイン受容体によるタウ病理の調節。ニューロン 68(1):19-31。 ビデオの要約. サイエンスデイリーによるプレスリリース 影響により アメリカ科学振興協会(AAAS)からのユーレカアラート 

バスカーK、Miller M、Chludzinski A、Zagorski M、Lamb BT(2009)。 PI3K-Akt-mTOR経路は、ベータアミロイドオリゴマーによって誘発される神経細胞周期イベントを調節します。  分子神経変性 4:14。

Varvel N、 バスカーK、Kounnas MZ、Wagner SL、Yang Y、Lamb BT、Herrup K(2009)。 NSAIDは、アルツハイマー病のマウスモデルにおける神経細胞周期の再突入を防ぎますが、逆転させることはありません。 J.臨床調査 2009; 119(12):3692-702.

バスカーK*、Varvel N *、Patil AR、Pimplikar SW、Herrup K、Lamb BT(2008)Aβオリゴマーは、アルツハイマー病の神経細胞周期の再突入を誘発します。 J Neurosci。 28(43):10786-93。 *平等な貢献。

Sharma VM、Litersky JM、 バスカーK およびLeeG(2007)。 タウは成長因子刺激アクチンリモデリングに影響を与えます。 Jセルサイエンス 2007年1月120日; 5(パート748):57-XNUMX。

バスカーK、Yen SH、Lee G(2005)。 タウの疾患関連の修飾は、Fynとタウの間の相互作用に影響を及ぼします。 J.Biol。 ケム . 2005; 280(42):35119-25.

Sharma VM、Shareef MM、Bhaskar K、 Kalidas S、Shetty PA、Christopher R、Ramamohan Y、Pant H、Shetty TK(2005)。 成体ラットの脳およびPC18細胞におけるMunc1-67(p12)の核局在化。Neurochem Int。47(3):225-34。

バスカーK、Shareef MM、Sharma VM、Shetty AP、Ramamohan Y、Pant HC、Raju TR、Shetty KT(2004)。 Munc18-1(p67)およびCdk5と神経細胞骨格タンパク質の同時精製および局在化。 Neurochem Int。 44:35-44。

Lee G、Thangavel R、Sharma VM、Litersky J、 バスカーK、Fang S、Do L、Andreadis A、Van Hoesen G、Ksiezak-Reding H(2004)。 fynによるタウのリン酸化:アルツハイマー病への影響。  J.Neurosci。 24:2304-12。

バスカーK、Shetty AP、Shareef MM、Ramamohan Y、Shetty TK(2002)。 タンパク質分解生成物のジニトロフェノール誘導体化およびプロテアーゼ活性のアッセイにおけるその応用。 J神経科学の方法 120:155-61。

研究

アルツハイマー病(AD)における免疫系の役割:ミクログリア特異的神経炎症およびタウ病理、神経細胞サイクルイベントおよび神経変性の誘導

I.ミクログリア特異的神経炎症によるアルツハイマー病のタウ病理の調節。 微小管関連タンパク質タウ(MAPT)の顕著な糸状封入体と神経変性は、ADを含む多くの神経変性タウオパチーの特徴です。 これらのタウオパチーの多くの正確な病因はとらえどころのないままですが、神経病理学的には、過剰リン酸化されたMAPT、神経炎症、および細胞死の細胞内凝集体によって特徴付けられます。

増加する証拠は、神経炎症が神経変性タウオパチーの病態生理学に直接寄与する可能性があることを示唆しています。 我々は最近、ミクログリアに対して細胞自律的な神経炎症が、タウオパチー(hTau)のマウスモデルにおいてMAPTのリン酸化、凝集、および行動障害を加速するという説得力のある証拠を提供しました。 特に、MAPT病理学に対するミクログリア活性化の効果は、マウスがミクログリア特異的フラクタルカイン受容体、CX3CR1を欠損している場合に増強されました。

また、反応性ミクログリアによって放出されたインターロイキン-1(IL1)が、ニューロンのIL1受容体(IL1R)およびp38マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(p38 MAPK)経路の活性化を介して一次ニューロンのMAPTリン酸化を誘導することも示しました。 現在、薬理学的または遺伝的手段を介してIL1-p38 MAPK-MAPT経路を遮断すると、MAPTの病理、神経変性が遮断され、タウオパチーのさまざまなモデルの認知機能が改善されるかどうかを調査しています。

II。 アルツハイマー病の神経細胞周期イベントの誘発に対するミクログリアの細胞自律的効果。 大規模なニューロンの喪失は、ADの顕著な病理学的特徴のXNUMXつです。 有糸分裂後のニューロンが死ぬと考えられてきた方法のXNUMXつは、細胞周期への異所性侵入によるものであり、これはしばしば疾患の非常に初期の段階で発生します。

我々は以前に、ヒトADで発生するものと同様のADのトランスジェニックマウスモデル(R1.40)での神経細胞周期イベント(CCE)の発生を示しました。 さらに、これらのイベントは、アミロイド前駆体タンパク質(APP)のアミロイド形成プロセシングに依存しており、老人斑の沈着に先行し、神経炎症の上昇と一致していました。

最近、我々はまた、ツール様受容体-4(TLR4)を介した神経炎症の誘導がニューロンCCEを加速し、NSAIDを介して炎症をブロックするとニューロンCCEが完全にブロックされ、ミクログリアの活性化が低下することを示しました。 私たちの最近の研究は、ミクログリアに対して自律的な細胞である神経炎症が、神経変性と共存するDNAの複製であるサイクリンD1のニューロン発現を誘導することを示唆しています。

現在、ミクログリアの神経炎症がニューロンのCCEを引き起こすさまざまなメカニズムと、さまざまな遺伝子モデルと画像技術を利用して有糸分裂的に活性なニューロンが最終的にどのように死ぬかを調査しています。

ニューロン

Mitotically Active Neuron

現在のラボメンバー

ニコール・マフィスさん (HSシニアリサーチスペシャリスト)-ラボマネージャー
シャンヤ・ジャン博士 -ポスドク
ジェシカ・バインダーさん -BSGP学生
リー・ウェストンさん -BSGP学生

ラボの連絡先:

BMSB 352: 505-272-4206
BMSB 362: 505-272-5790