バイオグラフィー

Bearer received the MD-PhD combined degree from University of California, San Francisco in XNUMX, with the PhD in Experimental Pathology. Following the MD-PhD, she completed a post-doctoral fellowship in Geneva, Switzerland, with Lelio Orci in Morphologie and Embryologie at the Centre Medicale Universitaire, and then completed residency in Anatomic Pathology at UCSF. Following residency, she stayed at UCSF in a combined clinical-research fellowship for four more years in Pathology and Medical Genetics and in Biochemistry and Biophysics in the lab of Bruce M. Alberts.

身上書

ベアラーの脳、心、およびそれらの障害への関心は、彼女を生物医科学へと駆り立てました。 彼女は、分子遺伝学および計算モデリングと組み合わせた多くの異なるイメージング技術を使用して、健康状態および病状における回路ダイナミクスを研究しています。

Bearer’s research began with studies at the finest detail of membrane dynamics involved in synaptic transmitter release. She developed imaging labels for anionic lipids and made the earliest observations of membrane lipid rafts and the protein biochemistry of actin modulators. During this development, she identified proteins that drive filament formation and mapped one, kaptin/XNUMXEXNUMX, on human chromosome XNUMX. These discoveries showed that mutations in the promoter region lead to inherited deafness.

Using herpes virus as a tool and the squid giant axon as a model, her lab then discovered that amyloid precursor protein, the major component in Alzheimer’s plaques, recruited cytoskeletal motors to cargo for transport. In XNUMX, as a Moore Distinguished Scholar at California Technical Institute, she began developing magnetic resonance imaging with Russ Jacobs, Jack Roberts, and Scott Fraser for live imaging of circuitry in mouse models of human neurological and psychiatric disorders.

専門分野

Specialization #XNUMX Brain Circuitry
Bearer’s studies of the brain zoom down to the molecular detail of the squid, platelets, and cell culture. They also explore whole-brain imaging by magnetic resonance of circuitry dynamics and changes over time in living mouse models of human mental disorders, neurological disorders, and neurodegenerative diseases. Bearer collaborates with Russ Jacobs at the California Institute of Technology for high field MR imaging of living mouse brains.

スペシャライゼーション#2マインドの開発
新たな関心は、発達中の精神と、周産期のイベントが遺伝子調節と機能的な脳の接続性に影響を与えることによって長期的な結果を引き起こす可能性があることに関するものです。 Bearerは、USCのScott Fraserと協力して、さまざまな動物モデルで発達中の脳を画像化しています。

Specialization #XNUMX Brain tumor and Brain Cancer Modeling
In addition, Bearer has a long-standing collaboration with Prof. Vittorio Cristini and his team of chemical engineers and computational biologists to develop methods for modeling biological process using the first principles of physics. Utilizing archival pathological material primarily of brain tumors, Bearer and Cristini have validated a series of mathematical models describing tumor behavior and predicting treatment outcomes from standard diagnostic tests. Bearer accepts consults.

専門分野#4音楽と心。 (ナディア・ブーランジェの画像)
心と脳の連続体に関するベアラーの仕事は、理論的および哲学的な考察、オリジナルの音楽作品、および公開講座に焦点を当てています。 詳細と彼女の作品のいくつかを聞くには、このサイトの[音楽と心]タブを参照してください。

Specialization #XNUMX Other activities
ベアラーは、脳神経外科とUNM音楽学部で二次的な任命を行っています。 彼女は医学生と大学院コースを教え、運営委員会とカリキュラム委員会を務めています。

認証

Board Certified, Anatomic Pathology
Medical licenses: New Mexico and California

実績と賞

Brown University, (Honorary) Master of Arts Degree ad Eundem, XNUMX

Frederik Bang Summer Research Fellowship、Marine Biological Laboratory、Woods Hole、MA 1988、1989、1999

医学の実践におけるヒューマニズム賞、Jaffe Foundation、1999年

公共サービス賞、子供と高齢者のための財団、カンザスシティ、カンザス、2002年

名誉学位、Oglala Sioux College、Pine Ridge Reservation、サウスダコタ州、2002年

医学生教育における優秀な学部長賞、ブラウン医科大学、2001年、2002年、2003年、2007年、2008年。

Distinguished Neuroscience Lectureship Award, Rosenstiel

神経科学科の生物医学センター、およびマイアミ大学医学部のNIEHS海洋生物学センター、2003年

名誉の壁、アメリカインディアンのスミソニアン博物館、2003年

Munroe Memorial Lectureship, California Institute of Technology, XNUMX

Dart Scholar of Learning and Memory, Marine Biological Laboratory, XNUMX

Moore Distinguished Scholar、カリフォルニア工科大学、Caltech Brain Imaging Center、2005年

Chemical Heritage Foundation: Chemist-Composer of the Year, XNUMX

Distinguished Lectureship in Pathology, University of Iowa School of Medicine, XNUMX

2007年から2017年までの各年の米国消費者研究評議会のトップ病理学者

Harvey Family Professorship in Pathology (endowment) XNUMX-present

米国科学振興協会2012のフェロー、「疾患の病理学的基礎、軸索輸送における貨物モーターの付着、アクチンダイナミクス、および神経病理学における卓越した貢献、および学際的トレーニングにおける卓越したサービスに対して」。

Fellow, College of American Pathologists, XNUMX

ニューメキシコ大学健康科学センター、2017年教育優秀学部長賞

Elected Chair of Education Committee, American Society for Investigative Pathology, XNUMX

著名な卒業生賞、マンハッタン音楽学校、17年2019月XNUMX日 https://youtu.be/Flu-56AA7f8

名誉教授、StrömstadtAcademy、Strömstadt、スウェーデン(15年2020月XNUMX日式典)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校キャンペーン同窓会賞(5年2020月XNUMX日式典)

主要な出版物

雑誌の記事
Page-Reeves, Janet, Murray-Krezan, Cristina, M. Regino, L, Perez, J, Bleecker, M, Perez, D, Wagner, Brent, Tigert, S, Bearer, Elaine, L. Willging, C, E XNUMX A randomized control trial to test a peer support group approach for reducing social isolation and depression among female Mexican immigrants. BMC public health, vol. XNUMX, Issue XNUMX, XNUMX
雑誌の記事
Chen、J、Lee、H、Schmitt、P、Choy、C、J Miller、D、M Williams、Brittney、Bearer、Elaine、L。Frieboes、H、B2021膠芽腫代謝の微小環境調節を研究するためのバイオエンジニアリングモデル。 神経病理学および実験神経学のジャーナル
雑誌の記事
Uselman、T、W Barto、D、R Jacobs、R、E Bearer、Elaine、L.2020縦方向のマンガン増強MRIによる急性恐怖後の覚醒行動マウスにおける脳全体の活動の進化。 NeuroImage、vol。 222

言語

  • フランス語
  • スペイン語

教えられたコース

Responsible Conduct in Research
Neuropathology for medical students

研究と奨学金

Medina、CS、Manifold-Wheeler、B、Gonzales、A、およびBearer、EL。 2017.生きている動物の表現型を特定するためのマウス脳の3DMR画像の自動計算処理。 Curr ProtocMolBiol。 2017年5月119日;29:5.1A.29-5.38A.10.1002。 土井:40/cpmb.28678440。 PMID:5457905 PMCID:PMCXNUMX。

ベアラー、ELおよびマリガン、BS(2018)。 初期の人生経験に関連するエピジェネティックな変化。 Current Genomics、19月; 8(676):698-10.2174。 土井:1389202919666180307150508/30532647。 PMID:XNUMX

Medina、CS、Uselman、TW、Barto、DR、Chaves、F、Jacobs、RE、Bearer、EL。 2019.アミロイド前駆体タンパク質の効果をアミロイドから切り離す-? 脳の軸索輸送ダイナミクスのプラーク。 フロント。 細胞。 Neurosci。 13:501。 土井:10.3389 / fncel.2019.00501 PMID:3184960、PMCID PMC6901799

Bearer、EL、Wu、C. 2019.単純ヘルペスウイルス、アルツハイマー病、およびRabGTPaseの役割の可能性。 フロントセル開発バイオル。 2019年7月7日;134:10.3389。 土井:2019.00134/fcell.2019。 eCollection31448273。PMID:6692634; PMCID:PMCXNUMX

Uselman TW、Barto DR、Jacobs RE、Bearer EL。(2020)縦方向のマンガン増強MRIによる急性恐怖後の覚醒しているマウスの脳全体の活動の進化。 NeuroImage。 DOI:10.1016 / j.neuroimage.2020.116975、PMID:32474079