バイオグラフィー

バヒレヴァ博士は、オムスク州立医学アカデミーから優秀な成績で医学博士の学位を取得しました (1999 年)。 彼女はボストン大学で公衆衛生の修士号 (2001 年) を取得し、ボストン大学で博士号を取得しました。 カリフォルニア大学サンディエゴ校で公衆衛生疫学の博士号 (2007 年) を取得。

身上書

バキレバ博士は、高リスクの脆弱な集団のコホートを確立し、追跡調査を成功させるための広範な専門知識を持っています。 彼女は、薬物使用中の妊婦と薬物使用障害の影響を受ける子供を対象とした複数の学際的な臨床研究を主導しています。 バキレバ博士の研究ポートフォリオには、医薬品の安全性や周産期転帰に対する環境曝露の影響を調査する研究、オピオイド流行に対処する臨床試験やアウトリーチ介入も含まれています。 彼女は 2010 年以来 NIH から継続的に資金提供を受けています。バキレバ博士は物質使用研究教育 (SURE) センター (https://hsc.unm.edu/pharmacy/research/areas/sure-center.html) および UNM-HSC 脳行動健康研究所 (https://hsc.unm.edu/research/centers-programs/bbhi/).

専門分野

物質使用障害
依存症の薬
母子保健
周産期疫学
薬理疫学

学習の機会

博士号、カリフォルニア大学サンディエゴ校、2007 年 (公衆衛生、疫学)
ボストン大学 MPH、2001 年 (公衆衛生学)
オムスク州立医学アカデミー、医学博士、1999 年

実績と賞

ニューメキシコ大学薬学部ウィリアム M. ハドリー特別学者賞、2017 年
2015 年ニューメキシコ大学人口科学部門研究優秀賞
ニューメキシコ大学リージェンツ講師賞、2011年

主要な出版物

雑誌の記事
Bakhireva、Ludmila、N Bautista、A、Cano、S、Shrestha、S、Bachyrycz、Amy、Cruz、T、H 2017 薬剤師による鼻腔内ナロキソンの調剤に対する障壁と促進者。 薬物乱用、Vol.
雑誌の記事
Bakhireva、Ludmila、N Lowe、J、Garrison、L、M Cano、S、Leyva、Y、Qeadan、F、Stephen、J、M 2018 最初の XNUMX 年間に出生前アルコールに曝露された子供の特定における養育者報告の結果の役割人生の。 小児研究
雑誌の記事
Bakhireva、Ludmila、N Shrestha、S、Garrison、L、Leeman、L、Rayburn、W、F Stephen、J、M 2018 物質使用障害のある妊婦におけるアルコール使用の蔓延。 薬物とアルコール依存症、vol. 187
雑誌の記事
バキレバ、リュドミラ、N ケイン、M、A ベアラー、C、F バウティスタ、A、ジョーンズ、J、W ギャリソン、L、ベゲイ、M、G オゼチョフスキー、T、ルイス、ジョニー、L 2019 年出生前アルコール曝露有病率(測定基準)南西部のアメリカ先住民部族の胎便中の直接エタノール代謝物。 先天異常研究、vol. 111、第 2 号、53-61
雑誌の記事
Bakhireva、Ludmila、N Holbrook、B、D Shrestha、S、Leyva、Y、Ashley、M、Cano、S、Lowe、J、Stephen、J、M Leeman、L、2018 出生前オピオイド曝露と新生児オピオイド離脱症候群との関連、および生後5〜8か月の神経発達および行動の結果。 人類の初期発達、vol. 128

ESL, ビジネスESL <br> 中国語/フランス語、その他

  • 英語
  • ロシア語
  • フランス語

教えられたコース

Pharm 828 (薬剤疫学および研究デザイン)
Pharm 547 (研究デザインと方法)
Pharm 599 (修士論文)
薬学 699 (論文)

研究と奨学金

1. Bakhireva LN、Savich RD、Raisch DW 他。 乾燥血痕中のホスファチジルエタノールの測定による出生前アルコール曝露の新生児スクリーニングの実現可能性とコスト。 アルコール臨床試験2013 37:1008-15

2. Bakhireva LN、Bautista A、Cano S、Shrestha S、Bachyrycz A、Cruz T. 薬剤師による鼻腔内ナロキソンの調剤に対する障壁と促進者。 サブサブアブス。 2017;1-11

3. ページ K、リーマン L、ビショップ S、カノ S、バキレヴァ LN。 包括的な出生前プログラムに参加し、オピオイド作動薬薬物療法を受けている妊婦における C 型肝炎一連のケア。 母子保健 J. 2017;22:1778-1783。

4. Bakhireva LN、Shrestha S、Garrison L 他。 薬物使用障害のある妊婦におけるアルコール使用の蔓延。 薬物アルコール依存。 2018;187:305-310。

5. バキレヴァ LN、ホルブルック B、シュレスタ S、他。 出生前オピオイド曝露、新生児オピオイド離脱症候群、および生後5~8か月の神経発達および行動的結果との関連性。 初期のハム開発2018年; 128:69-76。

6. ビーチャム KG、ロウ J、シュレーダー RM、シュレスタ S、アラゴン C、モス N、スティーブン JM、バキレヴァ LN。 出生前にオピオイドとアルコールに曝露された乳児の自己制御と感情的反応。 初期のハム開発、148 (2020)。