査読済みの出版物


Ruder TD、Brun C、Christensen AM、Thali MJ、Gascho D、Schweitzer W、
ハッチGM。
副鼻腔のCT画像との放射線学的同定の比較–標準化されたアプローチの開発。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2016; 7:1–9。 オンラインで公開:2年2016月10.1016日。DOI:2016.09.001 / j.jofri.XNUMX


Decker MM、Strohmeyer GC、Wood JP、Hatch GM、Qualls CR、Treme GP、
ベンソンEC。
肩関節の不安定性に対する遠位脛骨同種移植片:曲率半径は一致していますか? Journal of Shoulder and ElbowSurgery。 2016; 25:1542-8。 オンラインで公開:07年2016月10.1016日。DOI:2016.01.023 / j.jse.XNUMX


Ruder TD、Thali YA、Rashid SN、Mund MT、Thali MJ、Hatch GM、Christensen AM、Somaini S、AmpanoziG。
被災者を特定するための死後歯科CTの検証。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2016; 5:25-30。 オンラインで公開:30年2016月10.1016日。DOI:2016.01.006 / j.jofri.XNUMX


Miller、CR、Haag、M.、Gerrard、C.、Hatch、GM、Elifritz、J.、Simmons、MC、Lathrop、S。and Nolte、KB
X線写真とコンピューター断層撮影による潜在的に放射線透過性の発射体成分の比較評価。 J法医学。 doi:10.1111 /1556-4029.13225。 2016年


ラスロップ、SL。 と ノルテ、KB。
法医学的剖検の代替または補足における死後X線コンピューター断層撮影(CT)の有用性。 最終テクニカルレポートNIJアワード2010-DN-BX-K205、2016年XNUMX月に承認されました。


アドルフィNL.
死後のMR画像コントラストとパルスシーケンス最適化の方程式のない紹介。 J.フォレンジックラジオル。 イメージング、印刷中。 (21年2015月10.1016日オンラインで入手可能、DOI:http://dx.doi.org/2015.12.007/j.jofri.XNUMX)


Ampanozi G、Hatch GM、Flach PM、Thali MJ、Ruder TD
死後の磁気共鳴画像法:典型的な剖検心臓測定の再現。 法医学。 2015; 17:493-8。 オンラインで公開:22年2015月10.1016日。DOI:2015.10.008 / j.legalmed.XNUMX


CYジェラード、SLラスロップ、 GMハッチ、S Williamson、JP Price、KM Lopez、SW Andrews、RE Zumwalt、ID Paul、JM Elifritz、 KBノルテ.
窒息に起因する小児死亡における死後コンピュータ断層撮影(PMCT)。 J.フォレンジックラジオル。 イマガイン、印刷中、2015年。


Mueller SL、Thali Y、Ampanozi G、Flach PM、Thali MJ、 ハッチGM、TDルーダーTD。
下大静脈の膨張した直径は、強化されていない死後CTでの肺血栓塞栓症を示唆しています。
J.フォレンジックラジオル。 イメージング。 オンラインで公開:22年2014月10.1016日。DOI:http://dx.doi.org/2014.11.006/j.jofri.XNUMX


ハッチGM。
小児放射線科で死後画像を適用する際の最大の課題または障壁は何ですか? 小児放射線学。 2014年。オンラインで公開:23年2014月10.1007日。DOI:00247 / s014-3152-4-XNUMX


ハッチGM、Brogdon BG、ChristensenAM。
法医学放射線学に関する現在の展望。
http://dx.doi.org/10.1016/j.jofri.2014.05.001. Epub 2014 10 May.


Rohner C、Franckenberg S、Schwendener N、Oestreich A、Kraemer T、Thali MJ、 ハッチGM、ルーダーTD。
古い伝承の新しい証拠-死後のコンピューター断層撮影での膀胱膨満は中毒に関連しています。

Forensic Sc​​iInt。 2013年10月225日; 1(3-48):52-10.1016。 土井:2012.03.029 /j.forsciint.2012。 Epub 5月XNUMX日。


Ruder TD、Paula P、Hatch GM、Ampanozi G、Thali MJ、SchweitzerW。
科学の実践:死後のイメージングは​​、疑わしくない死の決定的な証拠を提供します。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2014; 2:80月4-XNUMX日


ハッチGM、デドウィットF、クリステンセンAM、ターリーMJ、ルーダーTD
RADid:死後CTを使用した放射線学的識別の画像レビュー。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2014; 2:52月9-XNUMX日


Ampanozi G、Gascho D、Hatch G、Schulze C、Thali MJ、Ruder TD
求められていないものは検出されません–死後のコンピューター断層撮影における心筋の橋渡し。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2014; 2:5月8〜XNUMX日


ルーダーTD、ターリーMJ、ハッチGM。
成人における法医学的死後MRイメージングの要点。 ブリティッシュジャーナルオブラジオロジー。 2013年4月10.1259日。土井:20130567 /bjr.XNUMX。 [印刷前のEpub]。


ハッチGM、アンパノジG、ターリーMJ、ルーダーTD
死後コンピュータ断層撮影における心臓サイズの代理としての左心室周囲領域の検証。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:98-101月12日。


10. Ruder TD、Zech WD、Hatch GM、Ross S、Ampanozi G、Thali MJ、FlachPM。
死の時からの静止フレーム-分解された死体の死後コンピュータ断層撮影での急性脳内出血。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:73-76。 2013年16月XNUMX日。


Ruder TD、Hatch GM、Ebert L、Thali Y、Allmendinger T、Schindera ST、Dalla Torre SA、Gasho D、Thali MJ、AmpanoziG。
法医学参照ファントム–法医学放射線学における減衰測定の品質保証のための新しいツール。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:51-55。 2013年15月XNUMX日。


Veljkovic B、Franckenberg S、 ハッチGM、Bucher M、Schwendener N、Ampanozi G、Thali MJ、RuderTD。
CTでの単一領域測定からの胸水の定量化。
EmergRadiol。 2013年20月; 4(285):9-10.1007。 土井:10140 / s013-1115-2013-y。 Epub 16月XNUMX日。


Ebert LC、Hatch GM、Thali MJ、Ross SG
目に見えないタッチ-Kinect深度カメラを使用した指ジェスチャーによるDICOMビューアの制御。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:10-14。 2012年13月10.1016日土井:2012.11.006 /j.jofri.XNUMX。 [印刷前のEpub]。


Baglivo M、Winklhofer S、Hatch GM、Ampanozi G、Thali MJ、Ruder TD
法医学および死後の放射線学の台頭– 2000年から2011年までの文献の分析。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:3-9。 2012年8月10.1016日土井:2012.10.003 /j.jofri.XNUMX。 [印刷前のEpub]。


Ruder TD、Stolzmann P、Thali YA、Hatch GM、Somaini S、Bucher M、Alkadhi H、Thali MJ、AmpanoziG。
死後の心臓磁気共鳴画像法による心臓重量の推定。 Journal of Forensic Radiology andImaging。 2013; 1:15-18。 2012年1月10.1016日土井:2012.11.001 /j.jofri.XNUMX。 [印刷前のEpub]。


Rutty GN、Brogdon G、Dedouit F、Grabherr S、Hatch GM、Jackowski C、Leth P、Persson A、Ruder TD、Shiotani S、Takahashi N、Thali MJ、WoźniakK、Yen K、MorganB。
死後の断面画像の出版物で使用される用語。 Int J LegalMed。 2013年127月; 2(465):6-10.1007。 土井:00414 / s012-0782-7-2012。 Epub 18月XNUMX日。


Morath U、Spadavecchia C、Luyet C、Stofel M、HatchGM。
馬における超音波ガイド下球後神経ブロック:死体研究。 獣医アナエス分析。 2012年11月10.1111日土井:1467 /j.2995.2012.00780-XNUMX.x。 [印刷前のEpub]。


Rutty GN、Brogdon G、Dedouit F、Grabherr S、 ハッチGM、Jackowski C、Leth P、Persson A、Ruder TD、Shiotani S、Takahashi N、Thali MJ、Wozniak K、Yen K、MorganB。
死後の断面画像の出版物で使用される用語。
Int J LegalMed。 2013年127月; 2(465):6-10.1007。 土井:00414 / s012-0782-7-2012。 Epub 18月XNUMX日。


フィログラナL、 ハッチG、Ruder T、Ross SG、Bolliger SA、ThaliMJ。
上行大動脈瘤破裂による突然死の場合の死後画像の役割。
Forensic Sc​​iInt。 2013年10月228日; 1(3-76):e80-10.1016。 土井:2013.01.039 /j.forsciint.2013。 Epub 26月XNUMX日。


Lapham-Simpson C、Labaron R、Haag M、 ハッチG, ノルテK.
ウィンチェスタースプリームエリートPDX1弾薬の弾道学研究。
学術法医学病理学。 2013 3(2):195-201 *


Ruder TD、Thali Y、Bolliger SA、Somaini-Mathier S、Thali MJ、 ハッチGM,
シンデラST。
シングルソース二重エネルギーコンピュータ断層撮影による法医学放射線学における材料の差別化。

Forensic Sc​​i MedPathol。 2013年9月; 2(163):9-XNUMX。


ノルテKB、Mlady G、Zumwalt RE、Cushnyr B、Paul ID、WiestPW。
死後X線コンピューター断層撮影(CT)と法医学的剖検:有用性、課題、および将来の影響のレビュー。
Academic Forensic Pathology、1(1):40-51、2011年。*